FREE USE

ほぼ日手帳weeks MEGA スニーカーを自由に使い倒すブログ

2020年の手帳は『ほぼ日手帳weeks MEGA スニーカー』に決定。ラフに使いたいからこそ選びました!

f:id:s_dango:20190908154109p:plain

どうも、団子と申します。

文ログ』という文房具に特化したブログを運営しております。

手帳はほぼ日手帳weeks MEGAを使用していましたが、2020年の手帳は同シリーズのスニーカーを選びました

2019年の手帳を購入するときもMEGA スニーカーを悩んだのですが、そのときは結局購入しませんでした。というのも、店舗で初めてMEGA スニーカーに触れたとき、「これは使いづらいのでは…?」と思ったからです。

しかしその一年後、MEGA スニーカーの特徴や自分の手帳の使い方等を鑑みて、今度は「自分のとってこれは使いやすいのではないか」と考えるようになりました

この記事ではほぼ日手帳weeks MEGA スニーカーについて

  • 使いづらそうと感じた理由
  • 特徴や用途を考えて、使いやすいのではと思うようになった理由

要するに実際に使う前に感じたデメリットとメリットをそれぞれ紹介していきます!

ほぼ日手帳weeks MEGA スニーカーへの印象はよくなかった

ほぼ日手帳weeks MEGA スニーカーが初めてリリースされたのは2018年の9月…つまり2019年の手帳が発売された時期です。

実は2019年の手帳を購入する際もほぼ日手帳weeks MEGA スニーカーを検討しておりました。なんならMEGA スニーカーの発売が発表されたときには「これにしようか!」と思っていたくらいです。

しかし2019年の手帳はMEGA スニーカーではなく、通常のweeks MEGAを購入。実際に店舗で触れてみたときに、MEGA スニーカーに対して正直「これは使いづらそうだ」と感じてしまったのです。

 

weeks用のクリアカバーとサイズが合わない

ほぼ日手帳weeks MEGA スニーカーは、ほぼ日から発売されているweeks用のクリアカバーとサイズが合いません

f:id:s_dango:20190907013403j:plain
ほぼ日手帳weeksは通常ハードカバーで、表紙に2.5ミリ程度のちりがあります。クリアカバーはちりの分も計算されており、ぴったり入ります。

しかしほぼ日手帳weeks MEGA スニーカーはソフトカバーで、ちりがありません。表紙と小口が揃っています。

f:id:s_dango:20190907013433j:plain

並べてみると、ちりがない分MEGA スニーカーは通常のほぼ日手帳weeksよりも一回り小さく感じます

f:id:s_dango:20190907013617j:plain

縦の長さにおいては、上下のちりを合わせた5ミリほど小さくなります

そのためMEGA スニーカーにソフトカバーを装着してみると…

見てのとおりブカブカです。2.5ミリとか5ミリの差は意外と大きいものですな。

一応このことは2019年のほぼ日手帳が発表されたときから公式サイトにも記載されていました。ただ予想以上にサイズが合わず、当時クリアカバーは絶対欲しいと思っていた私にとって、このことがMEGA スニーカーを回避する大きな要因となりました

 しおり紐がない

f:id:s_dango:20190907013611j:plain

またほぼ日手帳のどのシリーズにも付いていたしおり紐が、ほぼ日手帳weeks MEGA スニーカーにはありません。

f:id:s_dango:20190907013639j:plain

かわりに何度でも貼って使える「おまけのふせん」なるものがついてきます。

f:id:s_dango:20190907013518j:plain

のりがついていて、これで何度も貼ったり剥がせるみたいですが、どれだけ粘着力が持続するのかは不明。

正直、しおり紐の方が使いやすそうなんですよね。他のほぼ日手帳と同様に「しおり紐でいいじゃん!」とか思ったのも、昨年MEGA スニーカーを選ばなかった理由の一つでした。

それでも今年はほぼ日手帳weeks MEGA スニーカーを選びました

不平ばかりあーだこーだと書いてきましたが、それでも2020年の手帳はほぼ日手帳weeks MEGA スニーカーを使っていくことに決めました。

理由としては、

  • ラフに使える手帳が欲しかった
  • ほぼ日手帳weeksの絶妙なサイズ感が好き

という点でした。

ラフに使える手帳が欲しかった

私は手帳以外にもトラベラーズノートのパスポートサイズをいつも携帯しているのですが、その使い方は結構ラフ。カバンなしで出かけるときはズボンの前ポケットに財布とスマホを入れて、後ろポケットにトラベラーズノートをボールペンとセットで携帯します。

それくらいラフに持ち歩いて、自由に使いたいなと思ったのです。

そこでなぜほぼ日手帳weeks MEGA スニーカーかという話ですが、MEGA スニーカーは表紙がソフトカバーになっています。ソフトカバーだと表紙がしなってくれるので、ギュッと握るように持つことができます。後ろポケットに入れてもしなってくれてるから、きっと携帯しやすいだろうという考えです!

また仕事のスケジュール管理に使うとなるとハードカバーの方が適していると思いますが、もはやスケジュールはデジタルで管理しており、手帳は日記感覚で書くことを楽しむ用途で使っています

ラフに使いたいという目的と、使用シーン等を考えると、通常のほぼ日手帳weeksよりも、MEGA スニーカーの方が適していると判断しました。

ほぼ日手帳weeksの絶妙なサイズ感が好き

また、ほぼ日手帳weeksのサイズ感が好きで手放せませんでした。

他の手帳を見ながらいろいろ考えてみたものの、サイズがあまりしっくりこないんですよね。大きい手帳はたっぷり書けますが携帯性に欠けますし、これよりも小さいとなるとトラベラーズノートのパスポートサイズで十分すぎます。

ほぼ日手帳weeksのサイズは長財布くらいで大きすぎず、丁度いいサイズ。またMEGAはページ数もたっぷりでメモ用途にも優れています。

2020年はほぼ日手帳weeks MEGA スニーカーを使い倒す!

というわけで、

  • ラフに使える手帳が欲しかった
  • ほぼ日手帳weeksの絶妙なサイズ感が好き

上記のような理由でほぼ日手帳weeks MEGA スニーカーを使ってみようと考えました。

発売されたばかりの頃は「使いづらそう」とか思っていたのにね!しかし1年じっくり考えてみて「意外と自分にとって使いやすいのでは?」と思うようになったわけですよ!

というわけで…

2020年はほぼ日手帳weeks MEGA スニーカーを使い倒していきます!

そして当ブログ『FREE USE』ではMEGA スニーカーのカスタマイズや使い方等を主に綴っていきます。一冊の手帳で一つのブログを運営するのも楽しそうだなと思い、あえて文ログから切り離してみました!

ほぼ日手帳weeks MEGA スニーカーの良いところだけでなく不満なポイントについても全て書き綴っていきたいので、何卒宜しくお願いします!